【建築内装工 半年】仕事尽くしの毎日で退職を意識しました

【建築内装工 半年】仕事尽くしの毎日で退職を意識しました

 

私が仕事尽くしになっていた二年間のお話をします。その仕事は建築業界の内装工の職人でした。

 

 

いわゆる建物の中のリフォーム工事をする職人ですね。それはとてもつらい二年間でした。

 

 

まず未経験で入社して、壁のクロス張り替え、床のクッションフロアーなどの張り替え、大工工事を一気に覚えてくれと無理を言われました。

 

 

育成環境はとても最悪でした。教えている暇がないので見て覚えろ方式でした。普通ならクロス仕事だったらまずクロス仕事中心に慣れていって、覚えるらしいのですが、私の場合クロス仕事+床仕事+大工仕事すべてをばらばらにやらされていました。

 

 

私は覚えることができるわけがなく3か月、半年たってもなかなかできませんでした。そして、社長はそれをしることもなく、覚えが悪いというレッテルを貼るのです。

 

 

私はみなさんからレッテルを貼られました。今考えると信じられませんね。それで必死に覚えようと自ら残業などもして練習していました。

 

 

しかしその努力は報われず半年ほどでもう本当にやめたくなっていました。

 

 

その悩みをどうにかしようと、このままではいけないと思い僕は必死に居残りをして練習して覚え、実践してできるようになるまで死に物狂いで努力しました。

 

 

たくさんひどい教えられ方もしましたが、私は負けず嫌いなので、上司に口を返してでも仕事に打ち込みました。

 

 

1年たったころにはしっかりと1人で現場をこなせるようになりました。しかし、それは正直理不尽であり、人として尊重もされず育成されずに仕事などできるわけがないのです。

 

 

私は仕事はしっかりできていましたが人間関係が嫌でその会社をやめました。人間関係がよくない、人として好きな人がいない場所で仕事を続けていても未来はないと知ったからです。

 

 

やめることにより正解だったと気づ解決しました。

 

 

新卒入社半年で退職したいと思っている方は、まずなにが嫌なのか考えてみてください。

 

 

仕事が嫌なのか、休みが少ないのか、人間関係なのか、未来像が描けるか、信頼できる人はいるのかなど。そこを中心に考えてまず、1年半でも2年でも続けてください。

 

 

そしてそれでも自分がやめたいという結果に結びつくのであればやめて正解だと思います。そのまま続けても正解なんていうことはありません。

 

 

勇気をもって行動することです。自分がまず、仕事でもやめるというきっかけにしても、しっかりと考えた上での選択をすれば間違いなんてことはないのですから。

 

今すぐにでも仕事を辞めたい方はこちらへ

 

 

仕事を辞めたいと思ったらまずは転職エージェントに相談!

 

 

辞めたいけど辞めれない。でも、これ以上は耐えられそうもない。そんなときは転職エージェントに相談しましょう。

 

 

【建築内装工 半年】仕事尽くしの毎日で退職を意識しました

 

 

転職エージェントとは、転職相談含め仕事の悩みをプロの目線からアドバイスしてくれるので、辞めるべきかどうかを知る上でうってつけのサービスです。

 

 

リクルートグループのリクルートエージェントなら最大手ですし、転職を無理強いしないと宣言しているので安心して相談できるので、おすすめですよ。

 

 

【建築内装工 半年】仕事尽くしの毎日で退職を意識しました

 

 

とりあえず、リクルートエージェントに無料相談してみる