【メーカー営業 1年目】会社が合わないので退職したいです

【メーカー営業 1年目】会社が合わないので退職したいです

 

私は電子機器を製造している会社に入社しました。同期はみんな理系で、私だけ文系・・・研修中から歴然とした差がありました。会社としても文系の採用は稀のようでした。

 

 

もちろん理系の会社に入るのだからそれなりに覚悟はしていましたが、ここまでとは・・・。

 

 

まず、専門用語がわかりません。この会社ならではの用語なのか、理系の分野では当たり前の用語なのかすら判断できず、分からない言葉がどんどん積もっていき、先輩の話がちんぷんかんぷんでした。

 

 

同期に相談しても、「私たちも難しいよ」と言われ、全く気持ちを分かってもらえなかったのも辛かったです。この会社は自分には合わないのではないかと思い、退職したくて仕方ありませんでした。

 

 

でも辞める勇気もなかったので、苦肉の策で分からないことははっきりと分からないと言い、都度不明点をメモして、後で先輩に聞くようにしました。就業時間後も先輩を引き止めて私のためだけに図々しく勉強会まで開いてもらいました。

 

 

そうしていくうちに先輩に「今まであなたみたいなやり方をした人はいなかった」と言われるようになり、「私のやり方?」と自問自答しました。

 

 

確かに、同期のメンバーは周りとコミュニケーションを取っていくというよりは、自分で調べて解決しているようでした。

 

 

私は大学生の頃のフィールドワークで培った行動力を活かして、様々な分野の先輩へ話しかけ、知識を増やすとともに、社内のネットワークを広げ人脈作りに力を入れようと決めました。

 

 

まずは社員全員と話すことを目標に、お昼休みは毎回初対面の社員とランチをするようにしました。

 

 

いきなり話しかけて椅子に座らせてもらうので、初めはびっくりされましたが、段々とちょっとした名物になり、「やっと私たちのところにも来てくれたね」と言われるまでになりました。

 

 

人脈を広げたおかげで、分からないことがあるとその分野に詳しい先輩に気軽に質問をしに行けるようになりました。

 

 

先輩方は1聞くと10ほどで返してくれ、積極的になればなるほど助けてくれました。このようにしていくうちに知識が増え、劣等感もなくなり、仕事に前向きに取り組めるようになりました。

 

 

入社1年目は分からないことだらけで本当に辛いと思います。自分を無能に感じてしまうかもしれません。

 

 

周りと比べて自分を卑下してしまうかもしれません。辞めたら楽になれるかも・・・誰もが考えてしまうものです。

 

 

でも、必ず「あなたなりのやり方」があるはずです。就職活動中には自分の長所を面接でPRしましたよね。

 

 

あの時のように、自分の長所をもう一度思い出してください。仕事に自信は持てなくても、今までやってきた「あなたなりのやり方」なら自信を持って取り組めるはずです。

 

 

是非あなたのいい面を活かして困難に立ち向かっていってください。