新卒11ヶ月で退職したいです。まだ辞めるべきではないでしょうか?

新卒11ヶ月で退職したいです。まだ辞めるべきではないでしょうか?

 

約三割の新卒の新入社員が三年以内に辞めると言われていますが、かなり短期で辞めてしまう新入社員もかなり多くいます。つまり、辞めるべきかどうか悩んでいる新入社員はたくさんいるのです。

 

 

私も、新卒で入った会社を半年で辞めてしまった過去があります。その時は、精神的な病気になってしまったので仕方ありませんでした。

 

 

ただ、その後、転職して5年以上同じ会社で働き続けています。そのため、あなたの気持ちは痛いほど分かります。そこで、こういう状態になったら、すぐに辞めたほうが良いという私の基準をお伝えしたいと思います。

 

 

まず仕事中に死にたくなったり、仕事に行く途中、車に轢かれたら仕事に行かなくても良いのかなと考え始めると危ないです。このように、仕事から何としても逃げたいと考え始めている段階なら、すぐに辞めたほうが良いでしょう。

 

 

続いて、この仕事、つまらないな、もっと他に良い仕事があるのになと思う段階です。この場合は、辞めたほうが良い時と、辞めないほうが良い時があります。

 

 

実はどの会社に入っても、初めのうちは大体同じような仕事をさせられることが多いので、今の会社の仕事が合っていないと、入社11ヶ月で判断するのは少し早い気がします。

 

 

もう少し続けると、仕事の本質が見え、今の仕事が自分に合っているかどうか判断することができるようになります。

 

 

ただ、この段階でも辞めたほうが良い場合があります。それは、学生時代等アルバイトをしていたときのことを思い出し、あの時の仕事のほうが良かったと考えた場合です。

 

 

このように実際に経験した他の仕事と比較して、今の仕事が良くないと考えたら、本当に辞めることを考えたほうがいいでしょう。

 

 

最後に、もっと休みがあったらいいのにな、早く週末にならないかなと考える段階です。これは大体の人が考えることであり、自分だけではないので、もう少し頑張って続けることをおすすめします。

 

 

このように、仕事を辞めるべきかどうか悩み始めたら、まずは自分がどの段階なのかを知り、その段階に応じて行動することが大切です。

 

 

その判断を誤ると、続けていればより良い生活が得られたのに辞めてしまったと後悔したり、逆に辞めずに続けたことで私のように精神的な病気になってしまう可能性もあります。つまり、辞めようと悩むのは体から出るサインでもあるので、じっくりと耳を傾けたほうがいいのです。

 

 

以上、新卒11ヶ月で退職したくなったら、まずは自分の現状を知ることが大切という私のアドバイスでした。

 

仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

 

嫌な上司と顔を合わさずに即日退職する方法はこちら

 

 

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

 

 

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

 

 

(以下のように診断結果が出ます)

新卒11ヶ月で退職したいです。まだ辞めるべきではないでしょうか?

 

 

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

 

 

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

 

 

(※新卒入社の年齢でも条件指定できます)

新卒11ヶ月で退職したいです。まだ辞めるべきではないでしょうか?

 

 

まずは、MIIDASで市場価値を診断してみる

(診断時間は約5分です)