新卒で薬剤師を退職したいです・・・

新卒で薬剤師を退職したいです・・・

 

新卒で薬剤師として働き始めたばかりで、退職したくなる時ありますよね。わかりますよ。私も病院で働き始めたばかりのころには何度も辞めたい、と思ったことはありました。

 

 

実際周りの看護師さんを見ると働き始めて半年足らずで辞めていく人がたくさんいました。学生からあがったばかりだと、現場で役立つ知識ってほんとんどないんですよね。

 

 

自分の力不足にガッカリするし、「薬剤師に向いてないんじゃないかな?』なんて考えてしまうこともしばしばでした。

 

 

働き始めてからも毎日毎日勉強しなくてはならなくて、本当に辛い時もありました。幸い私にはいい先輩がついてくださり、毎朝始業前に一緒に勉強に付き合ってくれたのが本当に助かりました。

 

 

また同じ新人同士の同期で辛さの愚痴を言い合ってストレス発散することもありました。新人は役に立たない半人前であることは当たり前です、思い切ってそこを認めてみましょう。

 

日々の業務でわからない処方にあたったらその都度調べる、そうやって半年が過ぎることろにはいつのまにか知識も身についてくるかと思います。

 

 

私の勤めていた病院では働き始めて3ヶ月目で当直がありました。誰に頼ることもできない初めての当直はそれはもう緊張しました。

 

 

夜中に患者さんから電話がかかってきてうまく答えられず、結局翌日に先輩にかけ直してもらうという情けない有様でした。でもその時のことは忘れません。

 

 

自分の力で解決できなかったのが悔しかったですし、何より患者さんに迷惑かけてしまったことが申し訳ない気持ちでした。新人の頃、職場の上司に「「薬を調剤をする時は自分の家族に調剤してる気持ちでやりなさい」とよく言われました。

 

 

私たちの仕事は患者さんのための仕事です。日々の業務の忙しさで、その大切なことを忘れがちです。

 

 

ちゃんとした薬の知識を身につけること、正確な調剤を行うこと、全て患者さんのために行うことです。一生懸命仕事をして患者さんに「ありがとう」と言われたときに、「薬剤師になってよかった」と心から思えました。

 

 

他の医療職もそうですが、「薬剤師」というのは人の役に立てる素晴らしい仕事です。せっかくそんな職についたのですから、すぐに辞めると言わず少し続けてみませんか。

 

 

私はこの病院に12年勤めました。

 

 

結婚してやめましたが、この病院で薬剤師としての基礎を全て教えてもらい本当に感謝しています。一つのところで働き始めるといろいろな業務をさせてもらうことができ、自分の身になりますよ。

 

 

今の辛い気持ちを少しこらえて頑張ってみると、新しいものが見えてくる日がくると思います。頑張って欲しいです。

 

仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

 

嫌な上司と顔を合わさずに即日退職する方法はこちら

 

 

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

 

 

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

 

 

(以下のように診断結果が出ます)

新卒で薬剤師を退職したいです・・・

 

 

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

 

 

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

 

 

(※新卒入社の年齢でも条件指定できます)

新卒で薬剤師を退職したいです・・・

 

 

まずは、MIIDASで市場価値を診断してみる

(診断時間は約5分です)