新卒で銀行を退職したいです・・・

新卒で銀行を退職したいです・・・

 

苦労した就職活動の結果、念願かなって銀行に入社したものの、理想と現実とのギャップが大きくて退職したくくなる・・・。そのお気持ちとてもよく分かります。

 

 

私自身もそうでしたし、私の周りにもそういう同僚がたくさんいました。そういう時どうするのが正解かは人によって違うと思いますが、私としては「もう少しだけ様子を見てみては?」とアドバイスしたいです。

 

 

なぜなら、あまり早く辞める決断をしてしまった人の中には、その後同じ事を繰り返す人が多く、逆にしばらく我慢したことで、気持ちをポジティブに切り替えて仕事を楽しんでいる人もいるからです。

 

 

入社わずか数ヶ月で、「企業カルチャーが合わない」「私がしたかった仕事ではない」という理由で退職という選択をした友人が何人かいますが、多くは次の職場でも同じようなことを言って不満を溜め込んでいるか、短期間で転職を繰り返しています。

 

 

おそらく、数ヶ月ではその会社の本当の姿を理解することはできないのに、始めは悪い点ばかりが目についてしまうからだと思います。

 

 

実際に私も、入社1年ほどしてやっと自分の仕事や周りの仕事が分かり始めました。職場の全体像が見えてくると、それまでくだらないと思っていた仕事にもそれなりの意味があると分かってきたりするものです。

 

 

このタイミングで仕事が一気に楽しく感じるようになり、順調にキャリアを築いている同僚もたくさんいます。

 

 

私の場合は、入社4年目まで頑張ってみましたがポジティブに働くことができず、結局退職という選択をしました。

 

 

4年間続けた理由としては、まず「職場環境や業務内容が変われば、状況はよくなるかもしれない」という期待があったことと、せっかくお給料が上がり始めたので、もう少し頑張りたいという思いがあったことです。

 

 

銀行では数年おきに転勤があるので、その機会に別会社かと思うほど環境や業務内容が変わることがよくあります。

 

 

そのタイミングでもしかしたら気持ちを変えられるかも、という淡い期待があったのですが、結果的には「やっぱり同じカルチャーの同じ会社だな」と思わされてしまい、その後何年頑張っても状況は変わらないと判断したのです。

 

 

新卒社員にとって4年間という期間は大きなロスのようにも思えますが、すぐに辞めずに納得がいくまで頑張ったからこそ、「もう少し我慢していれば事態は改善したかも」という後悔なく次のキャリアに進むことができました。

 

 

また、それなりに貯金も貯まったことで、給与水準ばかりを気にせずに「自分が本当にしたい仕事」への転職という選択肢も広がったと思っています。

 

 

ですので私としては、4年は長過ぎるにせよ、あまりにも早く退職を決断するのはおすすめできません。

 

 

少なくともトレーニング期間を終えるまで我慢してみる、または年の近い先輩に経験談を聞いてみるなどして、自分の役割期待や数年後のイメージが見えてきたタイミングで冷静に考えることで、辞めるにしても続けるにしても悔いのない判断ができるのではないでしょうか。

 

今すぐにでも仕事を辞めたい方はこちらへ

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

新卒で銀行を退職したいです・・・

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む